運動を取り入れる

ダイエットのメリットを最大限に享受するためには、食事制限だけでなく、運動も取り入れたダイエットに取り組むことが大切です。

食事制限だけでダイエットをして悪くない場合もあるのですが、ただ単に食べる量を減らして体重を減らしていては、

必要な栄養素を摂取できず、健康に支障をきたす可能性は高くなりますし、リバウンドをする可能性も高くなるからです。

食事制限だけでダイエットをした場合、脂肪が減って細くなることはあります。

しかし、脂肪が減るのと同時に筋肉も細くなり、骨も弱くなっている可能性が大きいのです。

また、そうしたダイエット方法では体温も低くなり、免疫も弱まる可能性もあり、

風邪などを始めとした感染症にかかりやすくなってしまいます。

健康な体重を維持し、ダイエットのメリットを最大化するためには、やはり運動にも取り組む必要があるのです。

正しい食事をしながら運動に取り組めば、効果は上がっているはずです。

こうしたダイエット方法が失敗すると思われがちなのは、多くの人が体重計と相談しながらダイエットに取り組んでいるからです。

運動に取り組めば脂肪が減り、筋肉が増加します。

筋肉が増加すれば、代謝が活発になり、摂取したカロリーを燃やしやすくなり、筋肉が骨を引っ張るため、骨の強化にもつながるのです。

筋肉は脂肪よりも密度が高く重いため、細くなっていても、体重は変わらなかったり、逆に増えてしまうことすらあるのです。

体重計だけを見て、間違ったダイエット方法に方向転換していては、いつまで経ってもダイエットのメリットを享受することはできないでしょう。